プリリジーとは世界初の経口摂取型の早漏治療薬になります。日本ではまだ未認可ですが、個人輸入サイトから購入することができます。当サイトではプリリジーの作用などを解説していきます。

  • ホーム
  • プリリジーが日本で認可されない理由とは

プリリジーが日本で認可されない理由とは

心配している男性

早漏とは膣への挿入前、挿入直後、挿入後に自身の意識なく勝手に射精してしまう男性特有の症状のことであり、主に膣内挿入後、30秒から2分以内に射精してしまう男性は、早漏の可能性が疑われます。
早漏は肉体的な問題もありますが、多くは心的な問題であるとされており、早漏が顕在化したことで性生活に支障をきたし、パートナーとの人間関係が悪化し、精神状況が悪化し、心的にストレスを感じることで、早漏がさらに悪化する、といった負のスパイラルに陥る可能性もあります。
そうした場合、肉体的なトレーニングや、ストレスなどの発散などによる精神面の充実などによって、早漏は良化することがあります。
そして、早漏治療薬による早漏の治療も、効果の期待できる方法の一つとなっています。
2005年、ベルギーに本社を置く製薬会社によって、世界初の錠剤型の早漏治療薬が発売されました。
プリリジーという名称のその治療薬は、発売後またたく間に世界中に広がり、スウェーデン、スペイン、ドイツ、ポルトガル、オーストリアなどで2016年現在も販売され、早漏に悩む男性にとって画期的な治療法となっています。
しかし、2016年現在、日本においては未だ認可されてはおらず、健康保険が適用されないため、購入にはある程度高額な支出が必要になっています。
クリニックなどでの購入が可能にはなっていますが、健康保険適用外のために健康への保証もなく、仮にプリリジーの使用によって肉体に害があったとしても、保証はされないことになっています。
プリリジーは世界において認可されており、有効性や安全性の保証はされていますが、日本は医薬品に関しては慎重な姿勢をとる傾向があり、確実に安全性の保証される医薬品以外は保険が適用されないことになっています。
そのことが、プリリジーが2016年現在、認可されていない理由になっています。

サイト内検索
人気記事一覧