プリリジーとは世界初の経口摂取型の早漏治療薬になります。日本ではまだ未認可ですが、個人輸入サイトから購入することができます。当サイトではプリリジーの作用などを解説していきます。

  • ホーム
  • プリリジーと回数と新泌尿器科学について

プリリジーと回数と新泌尿器科学について

落ち込んでいる男性

男性にとっても、パートナーにとっても問題となるのが、早漏症です。
早漏症の男性は、ペニスを挿入してから数十秒から2分くらいで射精してしまいます。
早漏症は心因性のものが多く、何らかの病気によって早漏の症状が出る場合もあります。
回数や持続時間、射精のコントロールなど、早漏の問題は様々です。
新泌尿器科学について書かれた本には、早漏とセマンズ法についての記述があります。
早漏症の改善方法としては、行動療法がよく知られています。
しかし、行動療法は、パートナーの理解が必要です。
世界で初めての早漏症治療薬であるプリリジーが開発されたのは、2009年です。
プリリジーの成分であるダポキセチンは、セロトニン再取り込み阻害薬です。
セロトニン再取り込み阻害薬は、略してSSRIと呼ばれています。
ダポキセチンは、セロトニンを増やしてノルアドレナリンを減らします。
ノルアドレナリンが減ると、脳の過剰な興奮状態がおさまり、射精に至るまでの時間を長くすることが可能となるのです。
現在では、世界60ヶ国で認可されており、多くの男性を救っています。
アメリカでの臨床研究では、ペニスを膣内に挿入してから射精までの時間が3倍以上長くなっています。
早漏症に対して高い改善率を誇るプリリジーは、空腹時でも食事中でも服用することが可能です。
ダポキセチンの効果が持続するのは、4時間から5時間です。
1日1錠服用して効果を感じられなかったら、1日2錠まで増やすことができます。
プリリジーは、安全性と有効性が確認され、世界中の男性がプリリジーの恩恵を受けています。
プリリジーは、安全性が高いことで知られていますが、稀にめまいや頭痛、倦怠感、下痢などの副作用が出る場合があります。

サイト内検索
人気記事一覧